[日商簿記2級(商業簿記)]固定資産の買換え[無料講座・例題付き!]

電卓

今回は日商簿記2級において、固定資産を買い換えたときの仕訳処理について学習します。

チョロ
チョロ
備品を買い換えた時ってどんな仕訳すれば良いんでチュか?
モナ
モナ
この場合でも一度売るって言う処理を挟むニャ

固定資産の買換え

今まで使用していた固定資産を下取りに出して新しい固定資産を購入することを固定資産の買換えと言います。

仕訳を行う際は旧固定資産の売却処理と新固定資産の購入処理を別々に行い合算するとわかりやすいです。

こちらも例題を通して学習していきましょう。

固定資産の買換え

ひまわり商事は車両(取得原価2,200円、減価償却累計額1,200円、間接法で記帳)を下取りに出し、新車両3,000円を購入した。

なお、旧車両の下取り価格は1,100円であり、新車両の購入価格との差額は現金で支払った。

①旧固定資産の売却仕訳

まずは旧固定資産を売却する処理です。

売却価格は下取価格となるので、下取価格1,100円を現金で売ったと考えて仕訳します。

借方 金額 貸方 金額
減価償却累計額 1,200 車両運搬具
(旧・固定資産↓)
2,200
現金 1,100 固定資産売却益 100
カズ
カズ
今回は減価償却累計額と現金の合計が車両運搬具より大きいから固定資産売却益になるんだよ!

②新固定資産の購入仕訳

次に、新固定資産の購入仕訳をします。

借方 金額 貸方 金額
車両運搬具
(新・固定資産↑)
3,000 現金 3,000
チョロ
チョロ
この仕訳は基本でチュね!

③固定資産の買換え仕訳

最後に①の仕訳と②の仕訳を合算します。

借方 金額 貸方 金額
車両運搬具
(新・固定資産↑)
3,000 車両運搬具
(旧・固定資産↓)
2,200
減価償却累計額 1,200 現金 1,900
固定資産売却益 100
カズ
カズ
現金は相殺するけど固定資産は新旧分けるために相殺しないんだね!
スポンサーリンク

固定資産の買換え・例題

例題を解いて慣れていきましょう。

問題

次の仕訳をせよ。

金額は3桁ごとにカンマで桁区切りをして半角で入力すること。

(例:現金 500、商品 1,000,000)

また、仕訳が複数行に渡る場合、金額の多い物から順に書き、不要なところは空白のままにしておくこと。

使える勘定科目は以下のものとする。

勘定科目:[現金][車両運搬具][未払金][減価償却累計額][固定資産売却益][固定資産売却損][減価償却費]

問1

×3年4月1日 旧車両(取得原価600,000円、減価償却累計額400,000円、間接法で記帳)を下取りに出し、新車両700,000円を購入した。

なお、旧車両の下取り価格は180,000円であり、新車両の購入価格との差額は現金で支払った。

また、決算日は3月31日である。

借方 金額 貸方 金額

問2

×4年7月30日 旧車両(取得原価600,000円、減価償却累計額300,000円、間接法で記帳)を下取りに出し、新車両800,000円を購入した。

なお、旧車両の下取り価格は290,000円であり、新車両の購入価格との差額は翌月末に支払うことにした。この車両は定率法(償却率:年20%)で償却している。

また、決算日は3月31日である。

借方 金額 貸方 金額

解答(クリックで展開)

固定資産の買換え・まとめ

今回は固定資産の買換えについて学習しました。いきなり最終形の仕訳を切るのは難しいので、売却と購入の2ステップに分けて処理するようにしましょう。

チョロ
チョロ
固定資産同士の相殺もしないように注意でチュ!
モナ
モナ
現金とかは相殺OKだニャ!

次回は固定資産の除却について学んでいきます。


スポンサーリンク