[日商簿記2級(商業簿記)]固定資産の除却[無料講座・例題付き!]

電卓

今回は日商簿記2級において、固定資産を除却したときの処理について学習します。

チョロ
チョロ
使ってたパソコン、壊れたわけじゃないけどしばらく使わなさそうだから倉庫においておくでチュ!
キュー
キュー
いったん保管する時も仕訳をする必要があるで

固定資産の除却

今まで使用していた固定資産の使用をやめていったん保管することを除却と呼びます。

除却することにより消耗はしなくなるため減価償却も一旦ストップすることになり、仕訳処理が必要です。

除却時の仕訳処理についても見ていきましょう。

固定資産の除却

ひまわり商事は、備品(30,000円、減価償却累計額20,000円、間接法で記帳)を除却した。

なお、この備品の処分価格は9,000円と見積もられた。

固定資産の除却処理

固定資産を除却したときは、処分価格を積もったうえでその固定資産が売却されるまでは貯蔵品(資産)として保管します。

今回のケースでは処分価格は9,000円と見積もられているので貯蔵品9,000円を計上します。

借方 金額 貸方 金額
減価償却累計額 20,000 備品 30,000
貯蔵品
(資産の増加↑)
9,000

また、これだけでは貸借はバランスしませんね。

この貸借差額は固定資産除却損(費用)として処理します。

借方 金額 貸方 金額
減価償却累計額 20,000 備品 30,000
貯蔵品 9,000
固定資産除却損
(費用の発生↑)
1,000
カズ
カズ
帳簿価格より処分価格が高い時は固定資産除却益を使うよ!
スポンサーリンク

固定資産の除却・例題

例題を解いて慣れていきましょう。

問題

次の仕訳をせよ。

金額は3桁ごとにカンマで桁区切りをして半角で入力すること。

(例:現金 500、商品 1,000,000)

また、仕訳が複数行に渡る場合、金額の多い物から順に書き、不要なところは空白のままにしておくこと。

使える勘定科目は以下のものとする。

勘定科目:[備品][貯蔵品][減価償却累計額][固定資産除却益][固定資産除却損]

問1

当期首において、備品(取得原価250,000円、減価償却累計額180,000円、間接法で記帳)を除却した。なお、この備品の処分価格は50,000円と見積もられた。

借方 金額 貸方 金額

解答(クリックで展開)

固定資産の除却・まとめ

今回は固定資産の除却について学習しました。処理自体はシンプルなので、貯蔵品と言う科目を用いることだけ押さえておきましょう。

チョロ
チョロ
除却って言葉も大事そうでチュ
モナ
モナ
貸借から損益を出すことも忘れずにだニャ!

次回は固定資産の廃棄について学んでいきます。


スポンサーリンク