[日商簿記2級(商業簿記)]株主資本等変動計算書[無料講座]

電卓

今回は日商簿記2級における株主資本等変動計算書について学習します。

チョロ
チョロ
財務諸表に株主資本等変動計算書とか言うのがあるんでチュけど、なんでチュかこれ?
キュー
キュー
簿記3級には無かった新しい論点やな

株主資本等変動計算書

株主資本等変動計算書は、純資産(株主資本および評価・換算差額等)の変動を表す財務諸表で、貸借対照表の純資産の部に関して項目ごとに当期首残高・当期変動額・当期末残高を記載します。

貸借対照表・純資産の部

負債合計 (省略) 11,500
Ⅰ 株主資本
1. 資本金 5,500
2. 資本剰余金
(1)資本準備金 800
(2)その他資本準備金 200 1,000
3. 利益剰余金
(1)利益準備金 750
(2)別途積立金 250
(3)繰越利益剰余金 500 1,500
株主資本合計 8,000
Ⅱ 評価・換算差額等
1. その他有価証券評価差額券 500
評価・換算差額等合計 500
純資産合計 8,500
負債及び純資産合計 20,000

貸借対照表から株主資本等変動計算書へ移動させると以下の通りになります。

株主資本等変動計算書
自×5年4月1日 至×6年3月31日

株主資本 評価・換算差額等 純資産合計
資本金 資本剰余金 利益剰余金 株主資本合計 その他有価証券評価差額金 評価・換算差額等合計
資本準備金 その他資本剰余金 資本剰余金合計 利益準備金 その他利 益剰余金 利益剰余金合計
別途積立金 繰越利益剰余金
当期首残高(A) 5,300 600 200 800 710 190 450 1,350 7,450 300 300 7,750
当期変動額(B)
新株の発行 200 200 200 400 400
剰余金の配当等 40 60 △300 △200 △200 △200
当期純利益 350 350 350 350
株主資本以外の項目の当期変動額 200 200 200
投機変動額合計 200 200 200 40 60 50 150 550 200 200 750
当期末残高(C) 5,500 800 200 1,000 750 250 500 1,500 8,000 500 500 8,500

(A)当期首残高

(A)当期首残高の項目には当期首時点での各項目の残高を記入していきます。

(B)当期変動額

(B)当期変動額には当期の株主資本等(純資産)の変動額を記入していきます。

なお、株主資本の当期変動額は変動要因(新株の発行・剰余金の配当等・当期純利益など)に分けて記載していきますが、株主資本以外(評価・換算差額等)の当期変動額は純額で記入します。

株主資本等変動計算書には、純資産の部の変動額のみを記入し、それ以外の資産や負債の項目における変動額については記入しません。

また、純資産の減少に関しては、金額の前に△を付します。

1.当期変動額の記入

具体的な例を通しながら見てみましょう。

(問1)新株を発行し、次の仕訳を行った。
借方 金額 貸方 金額
当座預金 400 資本金 (a)200
資本準備金 (b)200
(問2)剰余金の配当等をしたさい、次の仕訳を行った。
借方 金額 貸方 金額
繰越利益剰余金 (e)300 未払配当金 200
利益準備金 (c)40
別途積立金 (d)60
(問3)決算において当期純利益が計算され、次の仕訳を行った。
借方 金額 貸方 金額
損益 350 繰越利益剰余金 (f)350
(問4)その他有価証券につき、次の評価替えの仕訳を行った。
借方 金額 貸方 金額
その他有価証券 200 その他有価証券評価差額金 (g)200

それぞれの純資産の動きを反映させると以下の表のようになります。

株主資本等変動計算書
自×5年4月1日 至×6年3月31日

株主資本 評価・換算差額等 純資産合計
資本金 資本剰余金 利益剰余金 株主資本合計 その他有価証券評価差額金 評価・換算差額等合計
資本準備金 その他資本剰余金 資本剰余金合計 利益準備金 その他利 益剰余金 利益剰余金合計
別途積立金 繰越利益剰余金
当期首残高(A) 5,300 600 200 800 710 190 450 1,350 7,450 300 300 7,750
当期変動額(B)
新株の発行 (a)200 (b)200 200 400 400
剰余金の配当等 (c)40 (d)60 (e)△300 △200 △200 △200
当期純利益 (f)350 350 350 350
株主資本以外の項目の当期変動額 (g)200 200 200
当期変動額合計 200 200 200 40 60 50 150 550 200 200 750
当期末残高(C) 5,500 800 200 1,000 750 250 500 1,500 8,000 500 500 8,500

それぞれの合計の箇所には各項目の数値を合算したものを記入します。

モナ
モナ
例えば剰余金の配当等の利益剰余金合計は40+60+△300で△200になるニャ!
キュー
キュー
利益剰余金の配当等で資本金や資本剰余金合計の値が動く場合、株主資本合計も動くけど今回は両方とも0やから、利益剰余金合計=株主資本合計になってるんやで

2.当期変動額合計の記入

項目ごとに登記変動額を合計し、当期変動額合計に記入します。

例えば資本金であれば新株の発行の(a)200円のみなので200円、繰越利益剰余金であれば剰余金の配当等の△200円と当期純利益の350円を足して150円となります。

(C)当期末残高

(C)当期末残高は当期首残高に当期変動額合計を加減して計算します。

例えば資本金であれば等期首残高の5,300円に登記変動額の200円を加え5,500円とします。

最後の純資産合計の箇所で当期首残高に登記変動額合計を加算して合致しなければ、どこかで重複して計算しているので見直しが必要です。

キュー
キュー
資本剰余金合計や利益剰余金合計を重複して足してると値がずれてくるで
スポンサーリンク

株主資本等変動計算書・まとめ

今回は株主資本等変動計算書について解説しました。仕訳がしっかりとできれば後は穴埋め問題なのでそこまで難しくはないでしょう。

チョロ
チョロ
なんかパズルみたいで楽しいでチュ!
キュー
キュー
どっちにしても仕訳をしっかり切れるかどうかが鍵やな!

次回は帳簿の締め切りにおける収益・費用の損益勘定への振替について学習します。


スポンサーリンク