[日商簿記2級(商業簿記)]営業外約束手形の処理[無料講座・例題付き!]

2021年6月20日

電卓

今回は日商簿記2級で問われる営業外約束手形の処理について学習します。

チョロ
チョロ
支払手形って商品売買に関するもの以外にも使えるんでチュか?
モナ
モナ
使えるけど、その時は別の勘定科目を使う必要があるニャ!

営業外約束手形

手形を使うのは直接商品に関係するような商品売買に限った話ではありません。

例えば建物や車両などを手形で購入するケースも多々あります。

その際は営業外約束手形を用います。

そして営業外約束手形にも、通常の約束手形同様、営業外支払手形営業外受取手形があります。

それではさっそく、問題を通してみてみましょう。

ひまわり商事はすすき商事から車両を500,000円で購入し、代金は約束手形で支払った。

商品以外の物を手形(営業外支払手形)で買ったときの仕訳

今回の問題では車両(資産)を購入しているため借方に記入します。

また、建物や土地など商品以外の物を手形で買った場合は商品の売買と区別するため、同じ手形でも営業外支払手形(負債)を用いて処理します。

借方 金額 貸方 金額
車両
(資産の増加↑)
500,000 営業外支払手形
(負債の増加↑)
500,000

この事からも、商品を買った場合は支払手形を、商品以外を買った場合は営業外支払手形を用いると覚えておきましょう。

カズ
カズ

つまり

買ったもの 勘定科目
商品 支払手形
商品以外 営業外支払手形

ってことだね!

営業外支払手形の代金を支払ったときの仕訳

営業外支払手形も負債のため、後日支払う必要があります。

先ほどの車両の代金50万円分の営業外支払手形を現金で支払ったとすると

借方 金額 貸方 金額
営業外支払手形
(負債の減少↓)
500,000 現金
(資産の減少↓)
500,000

となります。

商品以外の物を手形(営業外受取手形)で売ったときの仕訳

次に、商品以外の物を売り上げた側(すすき商事)の仕訳も見てみましょう。

今回は車両を売っているので、車両(資産)が減ります。

また、車両や建物など、商品以外の物を売って代金を手形で売ったときは商品売買用の手形と区別するために営業外受取手形(資産)を用いて処理します。

借方 金額 貸方 金額
営業外受取手形
(資産の増加↑)
500,000 営業外支払手形
(資産の減少↓)
500,000
カズ
カズ

これも

売ったもの 勘定科目
商品 受取手形
商品以外 営業外受取手形

で分けて処理するんだね!

営業外受取手形の代金を受け取ったときの仕訳

営業外受取手形の代金を受け取った場合の処理も見ておきましょう。

流れとしては通常の受取手形(資産)と同じです。当座預金に振り込まれたとすると

借方 金額 貸方 金額
当座預金
(資産の増加↑)
500,000 営業外受取手形
(資産の減少↓)
500,000

といった処理になります。

スポンサーリンク

営業外約束手形・例題

例題を解いて慣れていきましょう。

問題

次の仕訳をせよ。

金額は3桁ごとにカンマで桁区切りをして半角で入力すること。

(例:現金 500、商品 1,000,000)

また、仕訳が複数行に渡る場合、金額の多い物から順に書き、不要なところは空白のままにしておくこと。

使える勘定科目は以下のものとする。

勘定科目:[現金][当座預金][建物][車両][営業外受取手形][営業外支払手形][固定資産売却益][固定資産売却損]

問1

建物1,500,000円を購入し、代金のうち200,000円は小切手を振り出して支払い、残額は約束手形を振り出して支払った。

借方 金額 貸方 金額

問2

車両(帳簿価格800,000円)を1,200,000円で売却し、代金は約束手形で受け取った。

借方 金額 貸方 金額

解答(クリックで展開)

営業外約束手形・まとめ

今回は営業外約束手形ついて学習しました。通常の約束手形との使い分けを覚えておきましょう。

チョロ
チョロ
商品売買に直接関係する物の取引かどうかで判断するでチュ
モナ
モナ
売る場合は帳簿価格と違う場合に損益を計上することも重要だニャ!

次回は電子記録債権について学んでいきます。


スポンサーリンク