[日商簿記2級(商業簿記)]本支店合併財務諸表[無料講座・例題付き!]

電卓

今回は日商簿記2級における本支店合併財務諸表について学習します。

チョロ
チョロ
そろそろ決算日でチュけど、支店がある場合どうやって締めれば良いでチュ??
キュー
キュー
会社全体で一つの財務諸表にせなあかんからまとめる処理が必要やで

本支店合併財務諸表

本店と支店で別々の帳簿に記入している場合、従来は1つの会社のため本店・支店間でのやり取りは相殺しなければいけません。

チョロ
チョロ
なんででチュか?
キュー
キュー
例えば本店から支店に現金を送っておけば貸借対照表上は現金を増やすことができるからなぁ

本店と支店の取引をまとめた会社全体の財務諸表を、本店合併財務諸表と呼びます。

本支店合併財務諸表の作り方

本支店合併財務諸表は以下の流れで作成します。

  1. 本店の決算整理を行う
  2. 支店の決算整理を行う
  3. 内部取引を相殺して合算する
  4. 本支店合併財務諸表を作成する

1.2.決算整理

決算整理については今まで学習した内容と同じです。

例えば以下のケースを考えてみましょう。

決算につき、備品について定率法(償却額20%、間接法)により減価償却を行う。本店支店それぞれの資産価値及び減価償却累計額は以下のとおりである。

  • 東京本店:備品の取得原価は2,000円、減価償却累計額は720円
  • 京都支店:備品の取得原価は1,200円、減価償却累計額は240円

このケースではそれぞれ減価償却費を計上するだけでokです。

  • 東京本店:(2,000円-720円)×20%=256円
  • 京都支店:(1,200円-240円)×20%=192円

東京本店

借方 金額 貸方 金額
減価償却費 256 減価償却累計額 256

京都支店

借方 金額 貸方 金額
減価償却費 192 減価償却累計額 192

3.内部取引の相殺

本支店合併財務諸表では、会社外部との取引高のみ計上するため、会社内部の取引高を計上してはいけません。

内部取引がある場合も例題を通して確認しておきましょう。

ひまわり商事の東京本店と京都支店の残高試算表は以下のとおりである。

東京本店残高試算表(一部)

借方 勘定科目 貸方
1,200 支店
2,000 仕入
売上 4,880

京都支店残高試算表(一部)

借方 勘定科目 貸方
本店 1,200
1,280 仕入
売上 1,800

内部取引を相殺する仕訳をしなさい。

本支店合併財務諸表を作成するにあたって内部取引を表す勘定科目(本店支店)を相殺して消去します。

借方 金額 貸方 金額
本店 1,200 支店 1,200
スポンサーリンク

本支店合併財務諸表・例題

例題を解いて慣れていきましょう。

問題

次の決算整理前残高試算表、決算整理事項にもとづいて、本支店合併損益計算書と本支店合併貸借対照表を完成させなさい。

[決算整理前残高試算表]

借方 本店 支店 貸方 本店 支店
現金預金 49,080 4,640 買掛金 60,000 29,240
売掛金 61,440 43,200 貸倒引当金 1,920 720
繰越商品 38,400 16,800 減価償却累計額 7,680 2,880
支店 55,680 本店 55,680
備品 38,400 14,400 資本金 96,000
仕入 360,000 259,880 繰越利益剰余金 28,320
営業費 76,800 48,000 売上 484,680 297,600
支払利息 4,400 2,800 受取利息 5,600 3,600
684,200 389,720 684,200 389,720

[決算整理事項]

(1)期末商品棚卸高は次のとおりである。

  • 本店:25,200円
  • 支店:31,280円

(2)売掛金の期末残高に対して5%の貸倒引当金を設定する(差額充填法)。

(3)備品について定率法(償却率20%)で減価償却を行う。

(4)営業費の未払分

  • 本店:2,000円
  • 支店;1,200円

(5)利息の未収分

  • 本店:1,600円
  • 支店:400円

本支店合併損益計算書

費用 金額 回答 収益 金額 回答
当期商品棚卸高

売上高

当期商品仕入高

期末商品棚卸高

営業費

受取利息

貸倒引当金繰入

減価償却費

支払利息

当期純利益

本支店合併貸借対照表

資産 金額 回答 負債・純資産 金額 回答
現金預金

買掛金

売掛金

貸倒引当金

資本金

繰越利益剰余金

商品

備品

減価償却累計額

解答(クリックで展開)

本支店合併財務諸表・まとめ

今回は本支店合併財務諸表について学習しました。本店・支店を挟みますがそれ以外は通常の財務諸表問題と変わらないので、基礎を押さえておきましょう。

チョロ
チョロ
結局は仕訳でチュ!
モナ
モナ
財務諸表問題もあわせて復習ニャ!

次回は本支店会計における帳簿の締め切りについて学んでいきます。


スポンサーリンク