[日商簿記2級(商業簿記)]ファイナンスリース取引(利子抜き法)[無料講座・例題付き]

電卓

今回は日商簿記2級におけるファイナンスリース取引利子抜き法ついて学習します。

チョロ
チョロ
ファイナンスリースには利子抜き法ってのもあるらしいでチュ!
キュー
キュー
利子抜き法は少し面倒やで

ファイナンスリース取引(利子抜き法)

ファイナンスリース取引は大きく分けて

  • 利子込み法
  • 利子抜き法

の2種類に分かれました。

利子抜き法ではどのような計算をするのか、例題を通してみていきましょう。

利子抜き法

①×1年4月1日 ひまわり商事は以下の条件によってリース会社と備品のリース契約を結んだ。

  1. リース期間:5年
  2. 見積現金購入価格:17,600円
  3. 年間リース料:4,000円(毎年決算時に後払い)
  4. リース物件の減価償却は定額法によって行う。なお、耐用年数はリース期間とする。
  5. リース資産は利子抜き法により計上する

②×2年3月31日 ひまわり商事はリース会社に当期分のリース料4,000円を現金で支払った。

③×2年3月31日 決算につき、×1年4月1日に取得したリース物件(備品)について減価償却を行う。

①リース契約時

まずはリース取引を開始したときの仕訳を見てみましょう。

利子抜き法にてリース取引を開始したときは、リース料総額から、利子相当額を控除した金額(見積現金購入価格)で、リース資産(資産)リース債務(負債)を計上します。

今回のケースでは見積現金購入価格は17,600円なので、利子抜き法の場合の仕訳は以下のようになります。

借方 金額 貸方 金額
リース資産
(資産の増加↑)
17,600円 リース債務
(負債の増加↑)
17,600円

②リース料支払い時

リース料を支払った時の処理です。

今回現金で4,000円支払っているため、貸方は現金4,000円とすぐにわかると思います。

一方で借方ですが、利子抜き法では支払ったうち、元本(リース債務)がいくらで利子がいくらかを計算しなければいけません。

リース債務は今回17,600円なので17,600円÷5年=3,520円となります。

一方で利息は5年で2,400円なので2,400円÷5年=480円となります。

借方 金額 貸方 金額
リース債務
(負債の減少↓)
3,520円 現金
(資産の減少↓)
4,000円
支払利息
(費用の発生↑)
480円
チョロ
チョロ
利息は年間リース料から元本分を引いても出せそうでチュ!
キュー
キュー
その通りやな

③決算時

利子抜き法でも利子込み法同様、決済時には減価償却を行います。

今回のケースでは17,600円を5年で償却するため、1年当たりの償却額は3,520円となりますね。

借方 金額 貸方 金額
減価償却費 3,520円 減価償却累計額 3,520円

リース料支払日と決算日が異なる場合

利子抜き法に限っては、リース料支払日と決算日が異なる場合、決算日において利息の未払計上(または前払計上)を行う必要があります。

借方 金額 貸方 金額
支払利息 ×××円 未払利息 ×××円
チョロ
チョロ
利子抜き法では利子の計算を別にしないとだから、大変でチュ!
キュー
キュー
特にリース料支払日と決算日が違う時は注意やな!
スポンサーリンク

ファイナンスリース取引(利子抜き法)・例題

例題を解いて慣れていきましょう。

問題

以下の条件で契約したリース取引(ファイナンスリース取引に該当)について、利子抜き法によって、下記の日付の仕訳をしなさい。

また、決算日は毎年3月31日である。

  1. リース契約日:×2年10月1日
  2. リース期間:5年
  3. 見積現金購入価格:264,000円
  4. 年間リース料:60,000円(毎年9月30日に現金で後払い)
  5. 減価償却:残存価格をゼロ、耐用年数をリース期間とした定額法により行う。記帳方法は間接法。

金額は3桁ごとにカンマで桁区切りをして半角で入力すること。

(例:現金 500、商品 1,000,000)

使える勘定科目は以下のものとする。

また、仕訳がないときは借方勘定科目に[仕訳なし]と記入すること。

勘定科目:[現金][リース資産][リース債務][未払利息][減価償却累計額][減価償却費][支払利息][仕訳なし]

問1

×1年10月1日 リース契約日の仕訳

借方 金額 貸方 金額

問2

×2年3月31日 決算日の仕訳

借方 金額 貸方 金額

問3

×2年4月1日 翌期首の仕訳

借方 金額 貸方 金額

問4

×2年9月30日 リース料支払日の仕訳

借方 金額 貸方 金額

解答(クリックで展開)

ファイナンスリース取引(利子抜き法)・まとめ

今回はファイナンスリース取引の利子抜き法について解説しました。利息の計算方法と期末期首を跨ぐときにいったん利息を計上・振替することを覚えておきましょう。

チョロ
チョロ
当期に発生した利息を費用として損益計算書に載せるためでチュね!
モナ
モナ
その通りだニャ!

次回はオペレーティングリース取引について学んでいきます。


スポンサーリンク