[日商簿記2級(商業簿記)]決算時の外貨換算会計[無料講座・例題付き!]

2021年8月4日

電卓

今回は日商簿記2級における決算時の外貨換算会計について学習します。

チョロ
チョロ
外貨建ての売掛金やら買掛金があるんでチュけど、決算時ってどうすれば良いんでチュか?
キュー
キュー
決算時の為替相場に換算する場合としない場合があるで

決算時の外貨換算会計

債権債務を取得したときの為替相場と、決算を迎えたときの為替相場は同じとは限りません。

決算期には改めて最新の金額に換算する必要があります。例題を通してみてみましょう。

次の資料にもとづき、決算整理後残高試算表を作成しなさい(当期:×3年4月1日~×4年3月31日)

[資料1] 決算整理前残高試算表

決算整理前残高試算表

現 金   8,000
売掛金  21,320
買掛金  19,350

[資料2] 決算整理事項

決算整理前残高試算表の資産・負債のうち、外貨建てのものは次のとおりである。なお、決算時の為替相場は1ドル110円である。

資産・負債 帳簿価格 取引発生時の為替相場
現金 6,000円(60ドル) 1ドル100円
売掛金 12,320円(110ドル) 1ドル112円
買掛金 10,350円(90ドル) 1ドル115円

決算時の処理

外貨建ての資産および負債は、取得時または発生時の為替相場であるHR(ヒストリカル・レート)で計上されています。

決算日において外貨建ての資産および負債がある時は、貨幣項目に関しては決算時の為替相場であるCR(カレント・レート)によって換算した金額を貸借対照表に載せます。

貨幣項目とは外国通貨や外貨預金、外貨建ての金銭債権債務が該当します。

分類 項目
貨幣項目 資産 ・外国通貨
・外貨預金
・売掛金
・受取手形 など
負債 ・買掛金
・支払手形 など
非貨幣項目 資産 ・棚卸資産
・前払金 など
負債 ・前受金 など
モナ
モナ
非貨幣項目の前払金や前受金は評価替えなしのHRのままで良いニャ

評価替えの際も為替差損益を用います。

これより、それぞれの項目の換算替えを見てみましょう。

現金の換算替え

現金は貨幣項目なので、決算時の為替相場で換算替えを行います。

現金の換算替えは以下の通りです。

  1. 帳簿価格:6,000円
  2. B/S価格:60ドル×110円(CR)=6,600円
  3. 差額:6,600円-6,000円=600円(増加)
借方 金額 貸方 金額
現金 600 為替差損益 600

売掛金の換算替え

売掛金は貨幣項目なので、決算時の為替相場で換算替えを行います。

売掛金の換算替えは以下の通りです。

  1. 帳簿価格:12,320円
  2. B/S価格:110ドル×110円(CR)=12,100円
  3. 差額:12,100円-12,320円=△220円(減少)
借方 金額 貸方 金額
為替差額 220 売掛金 220

買掛金の換算替え

買掛金も貨幣項目なので、決算時の為替相場で換算替えを行います。

買掛金の換算替えは以下の通りです。

  1. 帳簿価格:10,350円
  2. B/S価格:90ドル×110円=9,900円
  3. 差額:9,900円-10,350円=△450円(減少)
借方 金額 貸方 金額
買掛金 450 為替差損益 450

決算整理後残高試算表の金額

それぞれの決算整理表の価格は以下の通りです。

  1. 現金:8,000円+600円=8,600円
  2. 売掛金:21,320円-220円=21,100円
  3. 買掛金:19,350円-450円=18,900円
  4. 為替差損益:(借方)220円/(貸方)600円+450円=1,050円/(差額)1,050円-220円=830円

以上より、決算整理後残高試算表は以下のようになります。

決算整理後残高試算表

現 金    8,600
売掛金   21,000
買掛金   18,900
為替差損益   830
スポンサーリンク

決算時の外貨換算会計・例題

例題を解いて慣れていきましょう。

問題

次の仕訳をせよ。

金額は3桁ごとにカンマで桁区切りをして半角で入力すること。

(例:現金 500、商品 1,000,000)

また、仕訳が複数行に渡る場合、金額の多い物から順に書き、不要なところは空白のままにしておくこと。

使える勘定科目は以下のものとする。

また、仕訳がないときは借方勘定科目に[仕訳なし]と記入すること。

勘定科目:[売掛金][買掛金][商品][為替差損益][仕訳なし]

なお、決算時の為替相場は1ドル105円である。

問1

売掛金期末残高のうち、期中にドル建てで生じた売掛金500ドル(輸出時の為替相場は1ドル108円)がある。

借方 金額 貸方 金額

問2

買掛金期末残高のうち、期中にドル建てで生じた買掛金300ドル(輸出時の為替相場は1ドル110円)がある。

借方 金額 貸方 金額

問3

期末商品棚卸高のうち、期中にドル建てで仕入れた商品250ドル(輸入時の為替相場は1ドル107円)がある。

借方 金額 貸方 金額

解答(クリックで展開)

決算時の外貨換算会計・まとめ

今回は決算時の外貨換算会計ついて学習しました。まずは貨幣項目と非貨幣項目の違いから押さえていきましょう。

チョロ
チョロ
現金や売掛金、支払手形みたいな流動資産が貨幣項目になるっぽいでチュね!
キュー
キュー
簿記2級に関してはその認識でokやな

次回は取引発生前の為替予約について学習します。


スポンサーリンク