[日商簿記2級(商業簿記)]株式会社の増資[無料講座・例題付き!]

2021年8月10日

電卓

今回は日商簿記2級のおける株式会社の増資について学習します。

チョロ
チョロ
資本金って最初に入れたらそれ以上は増やせないでチュ?
キュー
キュー
ばんなそかな

株式会社の増資

会社を創立した後でも資本金を増やすために新株を発行することがあり、このことを増資と呼びます。

増資をする場合はまず一定期間の申込期間を設けて株主を募集します。

そして、会社は申込者の中から誰を株主とするか決めて株主に株式を割り当てます。

例題を通してみてみましょう。

① 増資のため、株式50株について1株当たり100円で株主を募集したところ、申込期日までに全株式が申し込まれ、払込金額の全額を申込証拠金として受け入れ、別段預金とした。

② 払込期日となり、申込証拠金を増資の払い込み金額に充当し、同時に別段預金を当座預金とした。なお、払込金額のうち、会社法で認められている最低額を資本金とすることとした。

①申込証拠金を受け取ったときの仕訳

会社は申込期日までに株式の申込者から払込金額の全額を受け取ります。

しかし、株式を割り当てなかった申込者に対しては、その払込金額を返さなければいけません。

そこで、株式を割り当てる前に申込者から受け取った払込金額(申込証拠金)は、まだ資本金としないで株式申込証拠金として処理します。

そして、申込者から申込証拠金として払い込まれた現金や預金は会社の資産である当座預金などとは別の別段預金(資産)として処理します。

振り込まれる額は@100円×50株=5,000円となります。

借方 金額 貸方 金額
別段預金
(資産の増加↑)
5,000 株式申込証拠金
(負債の増加↑)
5,000
キュー
キュー
株式申込証拠金は一応負債にしてるけど、返すこともあれば資本金になることもあるから純資産とも見ることができるで

②払込期日になったときの仕訳

払込期日において、株式申込証拠金を資本金とするとともに、別段預金を当座預金に預け替えます。

なお、今回のケースでは払込金額のうち会社法で認められている最低額を資本金とするため、2分の1を資本金、残りの2分の1を資本準備金として処理します。

チョロ
チョロ
設立の時と同じでチュ!
借方 金額 貸方 金額
株式申込証拠金 5,000 資本金 2,500
資本準備金 2,500
当座預金 5,000 別段預金 5,000
スポンサーリンク

株式会社の増資・例題

例題を解いて慣れていきましょう。

問題

次の仕訳をせよ。

金額は3桁ごとにカンマで桁区切りをして半角で入力すること。

(例:現金 500、商品 1,000,000)

また、資本金と資本準備金がある時は資本金を上の行に書き、不要なところは空白のままにしておくこと。

勘定科目:[現金][当座預金][別段預金][資本金][資本準備金][株式申込証拠金]

問1

東京商事株式会社は、増資にあたり、株式400株を1株800円で募集し、申込期日までに全株式の申し込みがあり。払込金額の全額を申込証拠金として受け入れ、別段預金とした。

借方 金額 貸方 金額

問2

東京商事株式会社は、払込期日に問1の申込証拠金を払込金に充当した。また、払込金額を別段預金から当座預金に振り替えた。なお、払込金額のうち、「会社法」でっ認められる最低額を資本金とすることとした。

借方 金額 貸方 金額
当座預金 別段預金

解答(クリックで展開)

株式会社の増資・まとめ

今回は株式会社の増資について解説しました。別段預金や株式申込証拠金はあまり出てこない勘定ですが大事なので押さえておきましょう。

チョロ
チョロ
会社法の2分の1・・・忘れてたでチュ
キュー
キュー
言わんこっちゃない

次回は株式発行にかかる費用について学んでいきます。


スポンサーリンク