[日商簿記2級(商業簿記)]支配獲得後1年目の連結・例題[無料講座・例題付き!]

電卓

今回は日商簿記2級における支配獲得後1年目の連結問題を解いていきましょう。

キュー
キュー
今まで学んだ4ステップをしっかりと復習していこう!
チョロ
チョロ
自信ないけど頑張るでチュ!

支配獲得後1年目の連結問題

問題

M社は前期末(×3年3月31日)にL社の発行済株式の60%を14,000円で取得し子会社とした。

次の[資料]にもとづき、当期(×3年4月1日から×4年3月31日)の連結財務諸表に必要な(A)連結修正仕訳を示すとともに、当期末(×4年3月31日)の連結貸借対照表における(B)のれんと(C)非支配株主持分の金額を計算しなさい。

[資料1]前期末(×3年3月31日)のM社とL社の貸借対照表

[資料2]その他の資料

  1. のれんは発生年度の翌年度から10年間で均等償却する。
  2. L社の損益計算書において、当期純利益は4,800円であった。
  3. L社は当期中に2,000円の配当を行っている。

(A)連結修正仕訳

金額は3桁ごとにカンマで桁区切りをして半角で入力すること。

(例:現金 500、商品 1,000,000)

また、仕訳が複数行に渡る場合、金額の多い物から順に書き、不要なところは空白のままにしておくこと。

使える勘定科目は以下のものとする。

勘定科目:[L社株式][資本金当期首残高][利益剰余金当期首残高][非支配株主持分当期首残高][非支配株主持分当期変動額][非支配株主に帰属する当期純損益][受取配当金][剰余金の配当][のれん][のれんの償却]

開始仕訳

借方 金額 貸方 金額

のれんの償却

借方 金額 貸方 金額

子会社の当期純損益の振り替え

借方 金額 貸方 金額

子会社の配当金の修正

借方 金額 貸方 金額

(B)のれん

(C)非支配株主持分

解答(クリックで展開)

スポンサーリンク

支配獲得後1年目の連結問題・まとめ

今回は支配獲得日後1年目の連結問題について学習しました。

改めて流れを押さえておきましょう。

チョロ
チョロ
開始仕訳→のれんの償却→子会社の当期純利益の振り替え→子会社の配当金の流れの修正!押さえたでチュ!
キュー
キュー
これで1年目の流れは完璧やな

次回は支配獲得後2年目の連結について学習します。


スポンサーリンク