[FP2級]配点や合格点は?合格ラインに達するために

2021年1月14日

FP2級を受験するにあたって配点や合格基準がどれくらいか知る必要があります。

カズ
カズ
学科と実技ってそれぞれ何点で合格なんだろう
ラク
ラク
特に実技って選択科目多いから配点の違いとかも知っておきたいな!

自己採点をするにあたっても配点を知っておかなければいけないので、この記事で確認していってくださいね!

FP2級の学科試験の配点と合格点

まず、FP2級の学科試験について、配点と合格点を確認してみましょう。

完結に表をまとめてみると以下の様になります。

試験 主催者 科目 満点 合格点
学科 同じ 60 36
実技 日本FP協会 資産設計提案業務 100 60
きんざい 個人資産相談業務 50 30
中小事業主相談業務 50 30
生保顧客資産相談業務 50 30
損保顧客資産相談業務 50 30

さらに詳しく見てみましょう。

学科試験は日本FP協会もきんざいも同じ

学科試験は日本FP協会ときんざいで全く同じ問題が出題されます。

そのため配点や合格点もどちらを選んでも同じになります。

カズ
カズ
合格率は日本FP協会の方が高いんだけどね!

60問中36点で合格

FP2級の学科試験では4択問題が60問出題されます。

6割が合格基準のため、36問以上正解で合格となります。

出題に関しては各分野ばらつきがなく、

分野 問題数
ライフプランニングと資金計画 10問
リスク管理 10問
金融資産運用 10問
タックスプランニング 10問
不動産 10問
相続・事業承継 10問

となっています。

ラク
ラク
バランスよく学習する必要があるんだな
スポンサーリンク

FP2級の実技試験の配点と合格点

疑問

次に実技試験の配点や合格ラインについて見てみましょう。

実技試験の場合は何を選ぶかによって配点基準も違ってくるので確認しておきましょう。

日本FP協会

日本FP協会で受験する場合は資産設計提案業務のみとなります。

毎回の出題は40問なので1問2.5点と思いきやそうではなく、1問がさらに分割しており配点基準が分かりません

俗説には計算問題が配点が高いと言われていますが定かではないので合格発表日まで合否はわかりません。

ラク
ラク
各予備校の予想配点もあてにならないからな・・・

きんざい

きんざいの場合、個人資産相談業務中小事業主資産相談業務生保顧客資産相談業務損保顧客資産相談業務の4つから1つを選んで解答することになります。

どの科目を選んでも15問出題され、50点満点になります。

日本FP協会同様、1問の中にいくつか小問が混じっており、実際の配点基準は受験者には分かりません。

6割の30点を取得できれば合格となるので、特に配点が高いと言われている計算問題は正解できるようにしておきましょう。

実技試験のそれぞれの特性や、どれを選んだほうが良いかと言った内容については以下の記事で紹介しています。

FP2級の自己採点にあたって

マークシート

試験の自己採点についても確認しましょう。

特に実務は配点基準が分からなくても自己採点をするにあたって、自分の回答が正解だったかどうかくらいは押さえて置きたいものですよね。

FP2級の場合、模範解答は試験当日の17時半から公式ホームページで公開されます。

待つ時間が少ないのは救いですね。

模範解答のページ

模範解答のページは以下の通りです。

日本FP協会

きんざい

合格発表日や証書が届くのはいつ?

特に実技試験は配点基準が分からず、合格日まで結果が出ないので受験した人は不安ではないでしょうか。

合格発表の日程もしっかりと確認しておきましょう。

基本的には試験日のおよそ50日後で、合格証書が届くのはさらに数日後です。

カズ
カズ
合格発表→証書送付まではすぐ!

具体的な日程は以下の記事でまとめています。

FP2級の配点と合格点まとめ

今回はFP2級の配点や合格点について解説しました。

学科試験も実技試験も6割以上が合格条件となります。

特に実技試験は配点基準が不明確で合格発表日まで不安だとは思います。

しかしFPは学科も実技も過去問自体は流用が多く対策しやすい試験と言います。

何度か対策しておけば自己採点をするまでもなく合格!と言えるくらいまで点を伸ばせるので、しっかりと対策をしておきましょう。

スポンサーリンク