簿記資格は経理以外だとどこで役立つ?マネジメント層やコンサルタントでも引く手あまたです!

電卓

簿記の資格を狙っていると話すと、大抵の方からは「将来経理職になりたいの?」と聞かれることが多いです。

ラク
ラク
そりゃ、簿記=経理だろ?w
カズ
カズ
簿記が活かせる仕事って経理以外にもあるの??

確かに、簿記と一番相性が良い資格は経理です。

しかし、経理以外にも簿記の知識が活用できるシーンは多いです。

今回は、簿記の資格を経理以外の仕事で活かす場合、どのように活用できるかについて解説していきます。

簿記は経理以外でも役に立つ?簿記のメリットのおさらい

メリット

それでは改めて、簿記の資格を取得するメリットを押さえていきましょう。

社会人に必須の数字を読む力が得られる

社会人にとって数字を読む力はとても大切です。

会議で新しい提案をするときも、具体的な数値を用いて説明した方が説得力があることは言うまでもありません。

キュー
キュー
役員も数字大好きやからな

簿記では当たり前のように数字が出てきます。

簿記を通して、数字を使うことが当たり前になれば自然と説得力がある発言もできるようになる確率が高いです。

ラク
ラク
でも俺数学は嫌いなんだよな・・・

社会人にとっての数字と、学校までの数学は別物なので、数学が嫌いな方も安心してください

会社のお金の流れが分かる

会社にとってのお金の流れは、人間にとっての血液の流れのように、止まってはいけないものです。

簿記を通して財務諸表を読み解いたり、財務状況を分析したりできれば、将来的に何をすべきかもおのずとわかってきます。

製造業の場合は材料が仕掛品に代わって、製品に代わるといった過程も数字で見られるようになるので、簿記の知識は製造業でも役に立つと言えます。

カズ
カズ
だからこそ、経理はどの会社にもあるし、重要なポジションなんだけどね!

多くの資格につながる

簿記の知識を活かせる資格は意外に多いです。

後述しますが、情報処理技術者試験のような技術者向けの資格でも簿記の知識が問われるケースはあります

理系だから、エンジニアだからと言って簿記の知識をないがしろにしていると、後々痛い目を見ます。

カズ
カズ
情報処理技術者試験でも、簿記やら法務が分からずに不合格になるベテランエンジニアは多いみたい
スポンサーリンク

経理以外で簿記が活かせる仕事とは?

それでは具体的に簿記が活かせる仕事を見ていきましょう。

これはあくまで一例なので、他にも仕事はあるかもしれません。

参考程度にみていただけると幸いです。

コンサルタント

簿記が活用できる仕事の例として、コンサルタントが挙げられます。

コンサルティング業務では、企業の財務諸表をもとに、改善点を経営者へアドバイスしたり指導したりすることが多いです。

簿記2級以上のレベルが求められ、責任も重い仕事になります。

キュー
キュー
その分報酬も多いけどな!

システムエンジニア

システムエンジニアも簿記の資格が役に立つケースは多いです。

特に会計システムを開発する会社の場合、簿記が必要なことは言うまでもありません。

それ以外にも、銀行のエンジニアや社内SEとして会計システムのメンテナンスを行う場合、簿記の知識は必要不可欠です。

製造業全般

製造業全般でも、材料から製品販売までの流れを知るために簿記の知識はあると良いです。

特に管理職以上を目指す場合、収益性分析や意思決定ができなければ話になりません。

実際筆者が働いていた製造業の会社でも、管理職以上は職種関係なく簿記を持っていることが多かったです。

個人事業主・社長

個人事業主や社長などの経営者も、自社の会社の財務状況を知るために、簿記の知識はあった方が良いです。

今自分の会社が健全なのか、それとも改善項目があるかどうかは、将来的に会社が大きくなるか、倒産してしまうかの指標にもなります。

カズ
カズ
まさに会社にとっての健康診断だね

先述のようにコンサルタントを雇うといった手段もありますが、費用も結構なものになります。

できるなら自分で判断できる方が望ましいので、積極的に簿記を狙っていきましょう。

簿記のステップアップとして次に狙える資格

アップステアーズ

次に、簿記資格からステップアップできたり、ダブルライセンスとして持っておくと相性が良い資格も確認しておきましょう。

FP

業界 金融、保険
職種 営業、コンサルタント
転職 ★★★★☆
独立 ★★★★☆
難易度 3級:37
2級:48
1級:58

ファイナンシャルプランニング技能士は、金融系国家資格で求人数も非常に多いです。

3級の場合は過去問の使いまわしが多く、ひたすら問題を解いていれば合格に近づけると言った特性があるため戦略も立てやすく、1ヵ月で合格できてしまい方も結構いらっしゃいます。

さらに上位で評価されやすいFP2級を受けるには、通常この3級に合格する必要があるため、計画的に取得していきましょう。

応用情報技術者

業界 IT
職種 プログラマ、システムエンジニア、コンサルタント
転職 ★★★★☆
独立 ★☆☆☆☆
難易度 65

応用情報技術者試験は基本情報技術者試験の上位レベル(スキルレベル3)に位置しており、偏差値65と難関資格に分類されています。

学ぶ内容の大まかな範囲は基本情報と同じく、技術であればネットワークやセキュリティ、データベース、マネジメントであればサービスマネジメントやプロダクトマネジメント、ストラテジであれば経営戦略やマーケティングと言ったところです。

ただし午後試験で記述の概要が加わり、基本情報ではなかった論理的思考が問われます。

午後試験の対策は別途、科目の選び方も含めて参考にしていただきたい記事があるのでご覧ください。

中小企業診断士

業界 全般
職種 経営、営業、コンサルタント
転職 ★★★★☆
独立 ★★★★★
難易度(偏差値) 67

中小企業診断士も社労士と同様、コンサルタントが可能な資格になります。

会社関連の法律をはじめ、採用するときの戦略や社内のシステム、法整備、経済学から見た観点での考え方等、得られる知識は非常に広く、総務の仕事内容でも生きてくる内容が多いです。

特に経営系の内容を学べることから、将来的にキャリアアップをして部長クラスや役員クラスを目指している方も取っておいて損はない資格ですね。

カズ
カズ
役員の方が総務部に属しているっていう会社は特に、取っておきたい資格だね!

税理士

税理士は税務に関するスペシャリストで、顧客は企業から個人事業主まで幅広く、チャンスも大きいです。

特に最近では副業解禁やフリーランスの増加など、働き方改革により個人で働く方が増えています。

一方で税に関する知識がない方も多いので、その方たちをターゲットに営業活動できれば安定した稼ぎを出すことも難しくありません。

経理以外の仕事に就くには、転職サイトを活用しよう!

効率よく仕事を探したい場合、転職サイト・エージェントへの登録は欠かせません。

以下の転職サイト・エージェントは、いずれも取り扱い求人数が多くおすすめのものばかりです。

登録料・利用料などもすべて無料なので、簿記の資格を活かして転職活動したい場合は登録してみてください。

doda

種類 転職サイト・転職エージェント
案件数 公開7万件
利用者層 20~40代
案件傾向 営業・エンジニア

公開されている取り扱い案件数は6~7万程とされていますが、非公開案件が非常に多く魅力的なのがDodaです。

取扱い職種も多く、求人の幅も非常に広いので必ずご自身の持つスキルや資格とマッチする求人が見つかると断言します!

筆者自身もお世話になったことがありますが、エージェントの方がスキルや経歴を加味してオススメの案件をいくつもメールで送ってくれるため、マッチングしやすく求職に割くリソースも最小限で済みます。

マイナビ

種類 転職サイト・転職エージェント
案件数 約1万件
利用者層 20~40代
案件傾向 事務・営業・エンジニア

多くの方が新卒時にもお世話になったであろう、マイナビも転職案件を多く取り扱っておりおすすめです。

マイナビはジャンルに合わせて、20代の方向けの転職、事務職に限った転職、クリエイティブ系の転職など最初から絞れているので、ミスマッチが起こりづらくなっています。

ネオキャリア

種類 転職エージェント
案件 5,000件
利用者層 20代
案件傾向 事務・営業

一人当たりのサポート時間が10時間越えと手厚く、ブラック企業を徹底排除の優良案件に絞った案件ばかりで安心できるのはこのネオキャリアになります。

万が一不採用だった場合はその原因もしっかり教えてもらえるのですぐに改善することが可能でさらに対象者としては大卒だけでなく大学中退や高卒、中卒の方にもポイントを当てているので学歴で今まではじかれてしまった経験があっても安心です。

簿記資格を経理以外で活かす方法まとめ

簿記は経理以外の仕事や資格にもつなげることが可能です。

簿記自体も深く掘り下げていけば専門性は高いですが、他の仕事につながる基礎となるケースも多いです。

将来的に経理の仕事に興味がない方でも、他の仕事で活かせる可能性は高いので、興味を持たれた方はぜひチャレンジしてみてください。

カズ
カズ
仕事を探す場合は転職サイトへの登録も忘れずに♪
スポンサーリンク