[SPI・数学]対策問題(確率)~余事象~

2018年7月2日

パソコンとグラフ

SPI確率における余事象の問題です。どのようなときに余事象を使うか覚えていますか?そう、「少なくとも」がキーワードでしたね。

例題1

問題1

ハート、ダイア、クローバ、エースの柄のトランプがそれぞれ\(1\)~\(13\)まである。ここから\(1\)枚トランプを抜いたとき、ハートが出る確率は\(\frac{1}{4}\)である。

まず\(1\)枚抜いて確認した後、そのカードをもとに戻してからシャッフルし、もう一度\(1\)枚抜く。その\(2\)枚のうち、少なくとも\(1\)枚はハートのカードである確率はいくらか。

\(\frac{1}{8}\) \(\frac{3}{8}\) \(\frac{5}{8}\) \(\frac{7}{8}\) \(\frac{1}{16}\) \(\frac{3}{16}\) \(\frac{5}{16}\) \(\frac{7}{16}\) \(\frac{9}{16}\)

解説(クリックで展開)

解答(クリックで展開)

ADVICE

「少なくとも」のキーワードを見たらまず余事象を用いられることが確定します。
そのときの確率の求め方の式、\(1 – \verb|その事象が起こらない確率|\)を覚え、余事象を完璧にマスターしていきましょう。

システムのアンケート

学習ページにおいて、当サイトでは任意の箇所にメモを残せる機能を搭載しております。

そちらのメモ機能に関して、アンケートをお願いいたします。

該当システムは直感的に使いやすかったですか?

View Results

Loading ... Loading ...

該当システムは学習の理解度に貢献しましたか?

View Results

Loading ... Loading ...

該当システムはユーザ間での情報共有に役立つと思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...

該当システムは学習のモチベーション維持に役立ちましたか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートは以上になります。ありがとうございます。

スポンサーリンク








SPI-数学

Posted by TS