PaaS

2022年10月4日

PaaS(Platform as a Service)とは、ベンダが提供するプラットフォームをインターネットを通じてユーザが利用できるクラウドサービスの総称です。

PaaSとは

クラウドサービス

PaaS(Platform as a Service)とは、クラウドにあるプラットフォームをユーザが利用できるサービスです。

大規模なデータセンターに、アプリケーションを稼動するた必要なリソース(ネットワーク・サーバシステム・OS・ミドルウェアなど)が用意されており、ユーザはそのプラットフォーム上で開発可能です。

PaaSのメリット

PaaSのメリットは以下の通りです。

PaaSのメリット
  • すぐに開発を始められる
  • 環境の複製や配布が簡単
  • 初期費用や運用費用を抑えられる

PaaSの例

PaaSの代表的なサービスを確認しておきましょう。

PaaSの代表的なサービス
  • Amazon Web Services
  • Microsoft Azure
  • Google Cloud Platform
スポンサーリンク

PaaS関連の資格

PaaSが登場する資格は以下の通りです。

PaaS関連の資格
  • ITパスポート
  • 基本情報技術者
  • 情報セキュリティマネジメント

PaaSの関連語

PaaSの関連語を確認しておきましょう。

クラウド

クラウドとは、ユーザが端末やソフトウェアを持たなくても、インターネット上で必要なサービスを必要な時に必要な分だけ利用する考え方です。

雲のようにユーザの「向こう側」にあることからクラウドと呼ばれています。

SaaS

SaaS(Service as a Service)は、主にソフトウェアを提供するクラウドサービスです。

端末やネットワーク環境さえあれば場所を選ばずソフトウェアを利用でき、利便性が高いことから導入企業も増えています。

IaaS

IaaS(Infrastructure as a Service)は、メモリ容量などのシステムを自由に構築して、自社に都合の良いサーバーアプリケーションを実行する環境を構築するサービスです。

設定が自由な分、専門知識を求められる点も押さえておきましょう。

PaaSまとめ

PaaSはクラウド技術を用いたサービスの一つで、拡張や配布が簡単といった柔軟性があります。

具体的なサービスを含めて覚えておきましょう。

スポンサーリンク








Posted by 佐野 孝矩