アプリケーション層

2022年6月27日

アプリケーション層は、OSI参照モデルの第7層に位置する階層です。

アプリケーション層とは

アプリケーション層

アプリケーション層は、OSI参照モデルの第7層に分類され、ソフトウェアの通信規則を決定します。

適切なユーザに適切な形式でデータを送信する役割をになっており、プロトコルの種類は非常に多いです。

アプリケーション層に該当するシステム

アプリケーション層に該当するシステムとして、以下のようなものがあげられます。

アプリケーション層のシステム例
  • ブラウザ
  • メーラー(メールソフト)
  • 各種ソフト など

アプリケーション層に該当するプロトコル

アプリケーション層に該当するプロトコルとして、以下のようなものがあげられます。

アプリケーション層のプロトコル例
  • HTTP
  • POP3
  • IMAP
  • DHCP
  • DNS など
スポンサーリンク

アプリケーション層関連の資格

アプリケーション層が登場する資格は以下の通りです。

アプリケーション層関連の資格
  • ITパスポート
  • 基本情報技術者

アプリケーション層の関連語

アプリケーション層の関連語を確認しておきましょう。

OSI参照モデル

OSI参照モデルは、コンピュータ同士の通信を層に分けてモデル化したもので、階層ごとに役割を定義しています。

物理層データリンク層ネットワーク層トランスポート層セッション層プレゼンテーション層・アプリケーション層で構成されています。

TCP/IPモデル

TCP/IPモデルは、インターネットを含む多くのコンピュータネットワークにおいて、世界標準的に陥られている通信プロトコルです。

OSI参照モデルと異なり、アプリケーション層・トランスポート層・インターネット層(ネットワーク層)・リンク層(ネットワークインターフェース層)の4層で構成されます。

ブラウザ

ブラウザとは、WEBサイトや動画サイトを閲覧するために用いるソフトのことです。Google ChromeやFireFox、safariなどが該当します。

今このサイトを見られているのであれば問題なくブラウザを使いこなせています。

アプリケーション層まとめ

アプリケーション層では、利用者が問題なくアプリを使えるように、様々なプロトコルにより機能を定義しています。

HTTPやPOP3など、試験で頻出だったり、身近で使っているものだったりするものが多いので、しっかりと確認しておきましょう。

スポンサーリンク








Posted by 佐野 孝矩