[SPI・数学]対策問題(集合)~排他的論理和~

2018年6月28日

パソコンとグラフ

今回はSPI排他的論理和を扱う問題です。難しい名前ですが、要するにダブっていない場所だけを求める問題です。ベン図やカルノー図を使うとあっという間に解けてしまいます。

例題1

問題1

とあるゲーム会社P社はソフトS及びMを発売した。このソフトS、Mそれぞれについて、「価格」と「内容」がそれぞれ満足か不満足かのアンケートを\(500\)人を対象に行ったところ、結果は下表の通りとなった。

項目 満足 不満足
S 価格 350 150
内容 400 100
M 価格 300 200
内容 450 50

「価格」について、ソフトSもソフトMも不満足と答えた人が\(100\)人いた。このとき、ソフトSかソフトMのいずれか一方だけ「価格」が満足と答えた人は何人いるか。



解説(クリックで展開)

解答(クリックで展開)

ADVICE

問題のように、どちらか片一方のみに属している集合のことを、排他的論理和(XOR)と呼びます。

この考え方はSPIの試験だけでなく、あらゆる場面(電子回路やエクセル等)で使うので、是非覚えておきましょう。

システムのアンケート

学習ページにおいて、当サイトでは任意の箇所にメモを残せる機能を搭載しております。

そちらのメモ機能に関して、アンケートをお願いいたします。

該当システムは直感的に使いやすかったですか?

View Results

Loading ... Loading ...

該当システムは学習の理解度に貢献しましたか?

View Results

Loading ... Loading ...

該当システムはユーザ間での情報共有に役立つと思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...

該当システムは学習のモチベーション維持に役立ちましたか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートは以上になります。ありがとうございます。

スポンサーリンク








SPI-数学

Posted by TS