[日商簿記2級]資格の大原の講義を徹底レビュー!口コミや割引情報など

2019年10月25日

日商簿記2級は難易度的にも程よく、求人数の面からも持っていると非常に有利になる資格です。

中には独学で合格できた!という方もいらっしゃいますが、誰でも簡単に合格できるような資格ではなく特に社会人の様に時間がない場合スクールや通信講座を受講する方が効率よく知識をインプットできます。

今回紹介するのは資格の大原で、こちらの講義形式や口コミ、どのような方に向いているかといった情報を提供させていただこうと思います。

ラク
ラク
簿記=大原ってくらいに定着してるスクールだからサポートから講義の質まで安定してるぜ!

資格の大原の日商簿記2級講座の概要

最初に、資格の大原の簿記2級講座の大まかな概要について紹介していきます。

コース
3級・2級W合格コース 3級基本講義・・・10回
3級直前対策講義・・・3回
3級直前模擬試験・・・3回
3級全国統一公開模擬試験・・・1回
2級基本講義・・・24回
2級直前対策講義・・・8回
2級直前模擬試験・・・6回
2級全国統一公開模擬試験・・・1回
3級から学ぶ2級合格コース 3級基本講義・・・10回
2級基本講義・・・24回
2級直前対策講義・・・8回
2級直前模擬試験・・・6回
2級全国統一公開模擬試験・・・1回
2級合格コース 2級基本講義・・・24回
2級直前対策講義・・・8回
2級直前模擬試験・・・6回
2級全国統一公開模擬試験・・・1回
受講形式
Web通信/DVD通信/教室通学/映像通学
サポート・特典
自習室・教室解放
Web講義標準装備
教室聴講制度
途中入学・随時入学対応
振替視聴制度
欠席フォロー
転校制度
メールによる質問サポート
ラク
ラク
サポートと特典がすごいな!
カズ
カズ
コースも色々あるし詳しく見ていこっか!

コース紹介

資格の大原が取り扱う日商簿記2級講座は全部で3種類あり、それぞれ対象者や内容が異なってきます。

3級・2級W合格コース

3級・2級W合格コースでは全くの初学者に対し、3級から順にステップアップして取得していくカリキュラムを設けています。

受講期間は5~9ヵ月と長めに取られており、通学、Web、DVD等全ての受講方法から選ぶことが可能です。

受講形式によって異なりますが、価格は80,000円~となります。

3級から学ぶ2級合格コース

3級から学ぶ2級合格コースも上記のW合格コース同様、簿記初学者を対象としています。

しかし、こちらは簿記3級の受験や模擬試験が学習内容に含まれておらず、よりスピーディに取得を目指すカリキュラムとなっており全体の受講回数も少なくなっています。

その分価格も4,000円程安い76,800円~となっています。

カズ
カズ
3級を取得しておきたいかどうかで選ぼう

2級合格コース

こちらは既に3級を取得した方を対象とした講座になっており、5ヵ月間を目安に簿記2級取得を目指します。

価格は60,300円~になります。

キュー
キュー
3級持ってることが前提やでな!

解説動画・講義

先ほど紹介した通り、講義の受講形式は通学だけでなくそこで解説された講義をWeb上で受講することも可能なため、万が一受講できない回があったり、そもそも通学で通えるような位置に大原がない場合でも融通が利きます。

肝心な講義内容ですが、受講者の方が曖昧な理解のまま本試験に臨むようなことがないため、分かりやすいスピードや声量で録音されているのはもちろんの事、適せん図やイラストを用いて解説しており、それでも複雑なところは反復して解説されています。

具体的なサンプルは以下をご覧になって下さい。

2級から追加された工業簿記は特に流れが大事でどのような処理で解いていくべきかも分かりやすく解説されているので工業簿記に苦手意識がある方も直ぐにマスターできるようになりますよ!

キュー
キュー
特に計算手順は動画を見ながらでないと分からんことも多いからなぁ

受講形式の違い

資格の大原ではWeb通信・DVD通信・教室通学・映像通学と、それぞれ受講形式に違いがあったかなと思います。

具体的にそれぞれの受講形式によって何がどう変わってくるかを見て行きましょう!

カズ
カズ
忙しさとか学習スタイルの違いからもどれを選ぶべきか変わってくるよ!

Web通信

Web通信ではWeb上であらかじめ録画された講義動画を見ながら学習を進めていく形式になります。

インターネットがある環境であればPCでもスマホでも学習が出来るので通勤時間や仕事の休憩時間でも出来ますね。

一方周りに同じ学習者がなかなかいないと言った点から、結構モチベーションの維持は難しいかなと筆者は感じています。

受講料は他の形式と比較して安めになる傾向にあります。

DVD通信

DVD通信ではWeb通信で見られる動画がDVDに録画された状態で送られてきます。

オフライン環境でも再生プレイヤーがあれば学習できることに加え、受講終了後も教材が手元に残ると言った点がポイントです。

受講料は逆に他と比較しても少し高めになります。

教室通学

教室通学はよくある学校に通学して教室の席に着き、講師の話を聞きながら学習を進めていくスタイルになります。

よくある小中高校の授業を思い出していただければよいかなと思います。

他の受講生と顔を合わせるため、横のつながりが出来ることに加え、周りにも同じ学習者が居るという事でプレッシャーがかかり勉強をしなければと言った意欲を惹起します。

教室通学を実施しているのは札幌・東京・横浜・千葉・富山・名古屋・静岡・大阪・神戸・京都・愛媛・沖縄と限られていますが、近くにあるならこの形式を選ぶのが良いのではないでしょうか。

カズ
カズ
教室通学の場合はスケジュールも決まっているから、仕事や学校との兼ね合いも見て決めないとね!

映像通学

映像通学は教室通学同様、大原まで通学することは同じですが、学校内のPCを用いて視聴すると言った形式になります。

自宅でなかなか集中できない場合や学習スペースの確保が困難な場合は候補になってきますね。

実装している学校は教室通学よりも多い傾向にあります。

教材・テキスト

大原のテキストは参考書に加え、講義資料用のレジュメや問題集、さらには総まとめ集に模試がついており、網羅性が非常に高くなっています。

テキストに関しては講義のサブ教材のポジションに位置しており、テキストだけ読んで学習するというのは少々難しいですが、講義の際にテキストにメモの要領で書き込んでいけるので板書を写す必要もなく手軽にノートが作成できます。

サンプルテキストもあるので併せてご覧ください。

oohara-shobo2
oohara-kobo2

※ブラウザによっては正しく表示されないことがあります。その際はこちらの公式ページよりご確認下さい。

カズ
カズ
目に優しい色合いで分かりやすいね!

模試

大原の講義にはいくつかコースがありますが、ほぼすべてに模試がついており、模試だけで価格が抑えられている簿記2級受講経験者コースもあります。

大原の模試は数回ありますが、その回ごとに範囲がばらけて出題されているので包括的に問題を解くことが出来、まんべんなく知識を広げていくことが可能です。

過去問だけだと頻出問題は何回も解くことになり慣れていくのですが重箱の隅をつつくような問題やそこまで出題頻度が高くない問題はあまり出てこないため、本番で見たことのない取引が出てきて焦る・・・といったシチュエーションに陥ることもあります。

しかし、頻出問題は最初に抑えるべきポイントで得点源になることに変わりはないので、模試に進む前に過去問を数回やってある程度試験を把握することも大事だと感じています。

ラク
ラク
まずは過去問!余力があったら模試だな!
スポンサーリンク

資格の大原の簿記2級講座の特徴

上記では大原の簿記2級講座の概要に触れただけですが、大原には大原にしかない強みや特徴があり、その点を見て他の講座と比べたい方も多いかなと思います。

ここではもう少し深堀して大原ならではの特徴や、他の講義との比較情報を書いてみようと思います。

ラク
ラク
老舗大手スクールならではの魅力がたくさんあるぜ!

フォロー・サポート制度

大原ではサポートシステムが充実しており、受講前も受講後も安心して受講できるようになっています。

具体的な内容は以下のようになります。

受講前個別相談

一人一人によって合っている受講形式やプランは異なるので、専任講師の方が直接、受講を考えている方との面談に応じて最適なプランを提案してくれます。

直接学校に来て話すだけでなく、電話やEメールでの対応もしてくれているので時間が取れない方でも利用できますね!

体験入学

一度大原の講義を受講することで講義の進め方やテキストの使い方等、自分に合っている合ってないが分かるかなと思います。

高い買い物なので受講してからやっぱり合わない・・・という事態を避けられますね!

カズ
カズ
これらの相談や体験は無料だから気軽に相談しよう!

Web講義標準装備

予習や復習したい方、急な用事で講義に出席できなかった場合でも、教室講義を収録した動画を自宅で視聴できるようになっており安心です。

自習室の解放

受講生の学習環境を整えるため、一部の教室が学習室として開放されています。

自宅や仕事場ではなかなか学習に集中できない!という方に嬉しいですね!

周りが勉強している方ばかりなのでモチベーションの向上にも役立ちます。

転校制度

転勤などで通学できなくなってしまった場合でも、転居先に大原があればそちらの方に移籍することが可能です。

全国展開している大原なので大半の都道府県には学校がありますが、万が一転居先に学校がなかった場合Web講座に切り替えることも可能です!

キュー
キュー
特に急に転勤がある仕事の場合安心やな!

受講形式が多様

資格の大原は受講形式が多様で、通信や通学、DVD講義など選択の幅が広くなっています。

受講形式だけでなくコースも試験直前対策をメインとしたコースもあり、より多くのニーズに応えられるようになっています。

中には通信講座に特化したスクールや、逆に通学講座しかやっていない!というところも多いですが、このように受講形式がいくつも用意されており柔軟に対応できるのは大原だけです。

カズ
カズ
普段通学だけど今日だけWeb・・・みたいな受講方法を選べるのも強みだよね!

安心できる専任講師

資格の大原の簿記講座選任講師は、簿記会計を知り尽くした受験のプロ集団になります。

受験指導のみを徹底的に行っており、簿記検定に必要な知識やテクニックを構築し、それらを講義に落とし込んでいるので分かりやすく得点に直結します。

良く出題範囲が変わる簿記ですが、出るところや受講者が躓くところは傾向として決まっており、彼ら講師はその項目も十分に理解しています。

また、先ほど紹介した教材も講師自身によって毎年改定されており、授業とテキストの内容がかみ合わない・・・なんて事態はあり得ません

常勤の講師も何人もいらっしゃるので、万が一受験者が分からないところが出来た場合、大原に行けばすぐに聞いてアドバイスを受けることが出来るもの強みですね。

そしてそのアドバイスに関してですが、質問回数に制限はなく、質問も来校して聞くこともできれば授業中に聞くことも、電話やメールを利用して聞くことも可能です。

カズ
カズ
他のスクールだと回数が決まっていたり、メールだけだったりっていった制限も多いよね・・・

この質問制度は受講形態を問わずに聞くことが可能で、マンツーマンで学習アドバイスが受けられるので安心できますね!

安心の就職サポート

資格の学校の中には資格取得が最終目的になっており、取得合格おめでとうございますで終了のところも多いかと思います。

しかし大原の場合は資格を取得した後合格のサポートもしっかりしており、特に簿記2級のような転職に強い資格の場合取得後に大原の制度を利用してそのまま大手企業や有名企業に転がり込めた、といった実例もあります。

せっかく資格に合格しても就職や転職がうまく成功しなければ意味がないので嬉しい制度ですね!

キュー
キュー
資格取得と転職活動は本来別の物でそれぞれ労力かかるけど、それが一括で出来てしまうのは楽でいいなぁ

大原の割引制度

ここまで大原の概要や魅力について触れてきましたが、正直言ってしまうと大原は教材やサポートが充実している分高いです。

そんな大原ですがいくつか割引制度があるのでご紹介させていただこうと思います。

一般教育訓練給付金

資格の大原の簿記講座は教育訓練給付制度に認定されています。

この制度は厚生労働省から一定水準以上の質があると認められた講座に対して給付金が出される制度で、働く人のスキルアップや新技術の会得を目的とし支援する制度になっています。

給付金を得るためには一定条件を満たす必要がありますが、最大40%(または20万円)まで補助してもらえるので積極的に利用してみて下さい!

詳しい条件等は公式ページよりご確認下さい。

簿記ステップアップ割引制度

2級へステップアップ 1級へステップアップ 全経上級へステップアップ
対象者 過去に大原の簿記3級対策講座を受講された方 過去に大原の簿記2級対策講座を受講された方 過去に大原の簿記1級対策講座を受講された方
割引対象コース 2級合格コース 1級コース 全経上級直前対策パック
割引額 5% 5% 5%

過去に大原を利用しており、簿記3級を取得した背景がある方は今回2級コースを受講するにあたって5%割引が効きます。

また、今回の2級講座を受講した後に1級を受講したい!と思った場合でも、同様に割引を受けることが可能です。

再受講割引制度

受講終了後に、再度同一講座を受講したいと思った場合に受講料を30%引で受講できる制度になります。

万が一合格できなかった場合や仕事の都合上受験できなかった場合に有難い制度ですね!

キュー
キュー
他のスクールではそもそも再受講しても同じ額払え!ってところも多いからなぁ

パンフレット取り寄せによる割引クーポン

大原から取り寄せられる資料にも割引クーポンが付属することがあります。

資料請求自体は無料で処理自体も数分で終わるので一度取り寄せてみてはいかがでしょうか。

最新の講座に関する情報も網羅されているのでより詳しく大原の事を知れます!

他スクールとの比較

簿記2級を取り扱う資格のスクールは他にもいくつかあり、比較情報も欲しくなってくるところです。

という事で簡単な表に料金や特徴をまとめてみたので参考にしてみて下さい!

フォーサイト
価格(税込) 37,180円~
特徴 ・ハイクオリティの教材
・手帳やカレンダー等のグッズが充実
受講申込先
資格の大原
価格(税込) 60,300円~
特徴 ・コースや受講形態が色々
・歴史があり、講義のクオリティが高い
資料請求先 資格の大原
クレアール
価格(税込) 33,000円~(割引適用時)
特徴 ・目標月より+1年延長して受講できる
・非常識合格法により最短で合格可能
資料請求先 資格★合格クレアール
ユーキャン
価格(税込) 月々3,800円×13回
特徴 ・通信講座の中で顧客満足度1位
・添削、質問サービスが充実
資料請求先
資格スクエア
価格(税込) 19,440円
特徴 ・学習を頻出論点に絞っているので短時間合格が可能
・簡単に質問可能なUI
受講申込先
大栄
価格(税込) 92,340円
特徴 ・ネバギバ制度によりカウンセリングやスケジューリングのサポートが手厚い
・全国100校以上で受講しやすい
資料請求先
STUDYing
価格(税込) 19,778円
特徴 ・全コンテンツWeb上で学習しやすい
・圧倒的安さ
受講申込先 簿記

こうしてみると受講料は平均より少し高く、その分受講形態の選択肢が広く高クオリティな講義で勝負しているといったことが改めて分かりますね!

他の講座の情報を含め、簿記2級にどのような講座があるか詳しく知りたい方は以下のページに詳細をまとめています。

大原の簿記講座の資料を取り寄せてみた

実際に筆者も資格の大原の簿記資料を取り寄せてみたので、中身の紹介をさせていただきます。

カズ
カズ
3級~1級まで1冊にまとめられてるよ!

資料は申し込み後2~3日で到着します。

入力自体は数分で終わるのでぜひ試してみて下さい。

割引情報を確認できる!

先ほど紹介した割引を始め、キャンペーン情報やその期間などは全て資料に書かれています。

サイトからストレートに受講を申し込むと気づけないこともあるので、少々手までも一度確認しておくことをお勧めします。

カズ
カズ
数分の手間で数十%安くなるなら利用したいよね!

簿記の魅力を再確認できる

簿記を受ける方の中には昇進条件の為しぶしぶ受験する、という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし簿記はかなり応用性が高く、取得しておくことで別の資格につながったりキャリアでも大いに有利になる可能性があります。

そういった簿記の魅力を再確認し、今後どう活かせるかもしれるのでモチベーションアップの意味でも確認しておきたいですね!

申込用紙もついてる!

冊子の後ろ側には簿記講座の申し込み用紙も付属しています。

所定のところに記入して送付するだけで良いので、気になった講座を直ぐに受講することが出来ます。

大原の簿記2級講座の口コミ

ここまでは主観的に筆者が良いと感じたポイントを列挙しましたが、実際に他の方の意見はどうなのか、そちらも気になりますよね?

改めて口コミをいくつか引用させていただいたのでそちらも併せてご覧いただければと思います。

引用元は大原のサイトの合格者の声から頂いています。

大原の問題集にはすべてのタイプの問題が豊富に掲載されていて心強かったです。

日商簿記2級は就職活動にも使える非常に多様性のある資格なのでこれから様々なことに役に立てばいいなと思っています。

大原の講義は網羅的にカバーしており、100%理解を目指すものです。その為豊富に問題を解くことが可能で、十二分な演習量をこなせます。

わからない部分はわからないままにしないのが合格のポイント。

大原の講師は、どのように学習していけば良いか自分にあった学習アドバイスをしてくれますので、たくさん質問をしてアドバイスをもらいましょう!

どんな質問にも何度でも丁寧に答えてくれる講師の存在は大きいです。

特に通学の場合面と向かって話せるので次回の講義までに分からないところをまとめて質問することで疑問を解消できますね!

カズ
カズ
いつも何度でも
モナ
モナ
神隠しかニャ?

教室で講義を受けるとより理解しやすい教材だと思いました。量も過不足なく丁度よかったと思います。

また、大原の講師の指導は経験に裏打ちされた根拠があり、試験を終えた今それが正確だったと感じています。

歴史60年の大原だからこそ出来る指導もあり、特にどの分野が多くの受講生が苦手としているか、試験で問われやすいかも講師陣は熟知しています。

その為確実に合格を目指したい方は特に安心です。

資格の大原での簿記2級講座に向いている方

改めて、資格の大原で簿記2級を受講するのに向いている方をピックアップしてみました。

基礎固めをしたい方

しっかりと100%理解したうえで受験したい、といった完璧主義者の方は大原がおすすめです。

中にはもっと安くて最短で必要な部分のみの知識を詰め込むような講義もいくつかありますが、それらの講義には万が一試験の傾向が変わってしまった場合に対応できないといったデメリットがあります。

資格の大原の場合全体をまんべんなく学習するので、学習期間の観点では多少長くなってしまいますが、その分しっかりとした基礎を作り上げることが出来ます。

ラク
ラク
資格に合格するだけならここまでする必要はないけど、仕事に活かすだとか徹底的に理解したいと言った場合は大原だな!

上位資格を目指す方

日商簿記1級や税理士、公認会計士といった上位の資格を目指す方も大原がおすすめです。

理由としては基礎固めの点ともかぶりますが、上位資格の場合2級で学んだことを前提としてそこに新しい知識を積み上げていく形になるからです。

しっかりと網羅された知識を得てそれらを応用することでさらに上位資格に対応していくことが出来ます。

短期で合格したい方は不向き

資格の大原は3級合格レベルの知識の方に対して大体5ヵ月くらいかけての合格を目標にしています。

その為3ヵ月以内になんとしても取りたい!といった方には正直不向きです。

短期決戦用のスクールや講座は別にあるので他の選択肢を選んだほうがよさそうです。

カズ
カズ
短期間合格したい場合はフォーサイトスタディングがオススメ!

まとめ

最後に、筆者なりに大原の簿記2級講座を評価すると以下のようになります。

項目 評価
教材 ★★★★★
講義 ★★★★★
価格 ★★☆☆☆
サポート ★★★★★
信頼性 ★★★★★

教材および講義に関してはさすが大御所というだけあり非の打ちどころがなく最高レベルのクオリティだと断言できます。

また、サポートも充実しており学習者は安心して受講できるのではないでしょうか。

一方、それらが整備されているだけあって価格の面ではどうしても比較的高くなっている点が否めません。資料請求などを駆使して出来るだけ多くの割引制度を受けたいですね!

今回は資格の大原の日商簿記2級講座に関する概要や特徴、口コミや向いている方をご紹介しました。

さらに詳しい情報は無料で取り寄せられるパンフレット内で得られるので、気になる方は一度取り寄せてみて下さい!

カズ
カズ
大原にするかどうかはやっぱり、サポート制度の必要性を吟味するのが良さそう!
スポンサーリンク